2016/08/09

興奮×九份×紛糾




台湾は台北、九份にやってきた。


そこは数々の映画の舞台にもなっていて、
あの「千と千尋」のモデルにもなっている場所

というのは公式情報ではないにしろ、
現地には「湯婆婆の店」なるものがあったり
ジブリ(?)グッズも盛りだくさん。


今回の旅での「アジア編」は
中国、韓国とも迷ったのだが
『千尋』が大好きなので台湾に決めた。



果たして、アジア人の反応はというと、
それはまぁ、盛り上がった!

はじめは立ち止まってくれる人が
なかなかいなかったのだけど、
人が集まればそこに輪をかけて
みんな集まってくれる。
そんな感じはやっぱり日本も同じだが。

アジアは欧米諸国に比べて
秘密を見破ろうとする人が多い
という偏見が僕の中にはあった。

しかし思っていたよりも素直に驚いて
素敵なリアクションをくれる人が多く、
(エジプシャンほどではないが)
みんなとても盛り上がってくれて
逆にこちらが驚かされた。




ただ、一度だけマジック中に手を出されて
「あぁ、わかった。今の」と言われたが。

その言葉は日本語だったので、
少し虚しくなった。



人を騙したくてマジックをしているわけではない。
人に、最高に楽しんでもらえるようになりたい。
もちろん楽しみ方は人それぞれだろうが




そして旅はクライマックスへ...








0 件のコメント:

コメントを投稿

ご声援に感謝します!