2016/08/01

ヨーロッパ冒険記







サグラダファミリアはすごかった。

写真で見るのと実物を見るのとでは
全く見方が変わるというのは、
今回の旅でことごとく思い知った。



サグラダファミリアという教会が
何百年もかけてなお、未だに
"建設中"という事は知っていた。

しかし、あっという間にビルが出来上がってしまう
現代の技術を考えれば、それすらも信じ難かった。

だが、この目で実物を見ると、
この建物がそんな代物でないことが
肌身に伝わってきた。

鳥肌が、体の内側にも立ってきて
いつの間にか涙が流れていた。


アントニガウディという男に感動した。










立派にそびえるサクラダファミリアの眼下で
ちっぽけな男がマジックをさせてもらった。







サグラダファミリアの完成まであと10年。
10年後の僕は...







片岡双六のヨーロッパを巡る旅に
お付き合いいただき、有難う御座いました。




最後の1枚はバルセロナにある
ミロ美術館よりお届けいたします。

















0 件のコメント:

コメントを投稿

ご声援に感謝します!