2016/07/31

夢の世界



ヨーロッパ冒険記も
ついに最終地点

スペイン、バルセロナ

特産物は生ハムと獅子唐!
それらが大好物の僕にとって、
まさにそこは"夢の世界"なはずだ。



それほど大した理由もなく、
距離や移動のしやすさから
次の都市を決めてここまで来たのだが
バルセロナを最終地点にして
本当に良かったと思う。



バルセロナの宿から近かった
「サンタ・エウラリア大聖堂」は
朝入ると無料とのことだったので
早朝にフラ〜っと立ち寄ってみると
目が覚めるほど素晴らしかった。


ローマでも、ヴェネツィアでも
もちろんその他の都市でも
多くの歴史的建造物を周ってきて
正直 "大聖堂慣れ"していたのだが、
ここはそのどれとも違う良さがあり。


中庭があって、白鳥が飼育されていたり。





そして、アントニ・ガウディ。

「なんかすげ〜建築家」という
ぼんやりとしたイメージしかなかったが
実際に彼の建造物はすごかった。

街中にある二つの建物も、異様。
ウネウネとした"気持ちの悪い"建造物は
ものすごいオーラを放っていた。
もちろん、良い意味で。


彼が手がけた、グエル公園もまた然り。
その中に足を踏み入れると、そこは
本当に夢の中に出てくる世界のような。
そう、まさにファンタジーの世界。



こんなモノを生み出してしまうなんて。

きっと彼は建築家界きっての
「アーティスト」なのだろう。



この旅では多くの「アート」に触れてきて
その言葉の真意について考えていた。

そして、手品というものにそれをどう籠めるか
そんなことを考えながら歩いてきた。



そして僕は彼の最大の作品
『サグラダファミリア』によって
泣かされることとなる。



つづく














0 件のコメント:

コメントを投稿

ご声援に感謝します!