2016/07/28

ロンドンバスに揺られて





ヨーロッパ周遊で欠かせないのが、バス。

もう、いたるところに飛行場があるもんで
飛行機ってのが一番早い、けど高い!

列車での移動だと座席も快適で
遅延も少ないし、分かりやすい。

だけど、やっぱり一番安いのはバス!
ということで、ロンドンから次の目的地へと
移動するのには夜行バスを利用した。

予約できれば、片道1ユーロ(ざっくり言うと100円)
というのもあるようだが、さすがにそれは取れず。
片道1500円くらいのチケットをゲット。
(それでも安いよ!パリに行くんだよ!)


しかも、夜行バスだから、
眠っていりゃあ着くってなもんで
宿泊代も浮いてしまうというお得感!

と思っていたのは大間違い。
全く眠れなかった!興奮しすぎて!!


出発して数時間進んだところで
バスは停止し、みんな降りていく。
なんやなんやと荷物を抱えてついていくと
「出国審査」が待っていた。
そうか、イギリスの出入国は厳しいんだった。

大慌てで荷物を抱えたのも虚しく、
パスポートを照会してバスへと戻る。

そこからまた数キロ進んだかと思えば、
またもや「全員おりろ。」と。

駐車場に完全に停まったバスから降りると
階段の上に行けと言われた。

大きな建物の中を進み、着いた先は
両替所やバーに、たくさんの椅子と大きな窓。
深夜だったためショップは空いておらず、
外の景色も真っ暗だけど、
どうやらここで休憩をとってから
またバスに戻るらしい。
と思っていたら、これまた大間違い。

その巨大な建物は、フェリーだった。
バスをいくつも収納した船は、海原へと出港した。


今度は荷物を持ってくるべきだったか...
いやしかし、これは、テンションが上がる。
眠れるわけがない!




甲板へ出て、潮風に当たる。
ただただ真っ暗な海に大冒険を感じた。




ちなみに、画像のロンドンバスは、
「手品のお礼に」と頂いたものであり、
僕が乗ったバスは普通のやつでした。




0 件のコメント:

コメントを投稿

ご声援に感謝します!